渓流・源流

渓流ミノーイング狂時代のチャンピオンは【d-コンタクト】

渓流ルアーフィッシングに革命を起こした、ヘビーシンキングミノーSMITH社のd-コンタクト。

このd-コンタクト50の登場により渓流釣りは大きく進化しました。

自分自身も常に持ち歩いて釣行しています!なくてはならない、そんな存在です。

しかしなぜ、d-コンタクト50が渓流釣りに革命を起こしたのか?

「慣性スライド」がどのようなアクションなのか?

なぜ長年支持されるベストセラー商品になったのかを知る人は少ない。

そこで

「d-コンタクトをもっと知りたい!」

そんな方のために、当記事ではD-コンタクトの歴史、使い方を紹介してみたいと思いますので興味がありましたら、ぜひ最後までお付き合いください。

Dは強いですーwww

d-コンタクトとは何者?なぜ革命を起こせたか?

d-コンタクトとはSMITH社から発売されているヘビーシンキングミノーです。

分かりやすく言うと、重いミノー。

50mmのボディに4.5gのウェイトがあり“素早く沈む”という特性があります。

d-コンタクトが発売される前の渓流ミノーと言えばフローティングタイプ(高浮力)が主流でした。

高浮力の特性によりキビキビしたアクションはするが必然的に表層しか攻めることができず、底に定位する大型にアピールするのが困難とされていました。

単純に“沈むミノー”を作ればいいじゃないかと思うだろうが、当時はそう簡単ではなかったみたいです。

高比重にすることで泳がない・アクションしない等の問題が次から次へと・・・。

長い期間トライ&エラーを繰り返し、これを解決したのがd-コンタクト独特の

「へ」の字型ボディ形状

緻密に設計された絶妙なバランス

高比重から生まれる抜群のキャスタビリティ

艶めかしい慣性スライド

流れに負けない抜群の水噛み

このような性能をもって、渓流ミノーイング攻略の幅が格段に向上。

多くのアングラーが支持し続ける爆発的なメガヒット商品となったわけです。

慣性スライドってなんぞや?

ここが重要です!!(もちろん個人的な見解ですが)

結論からいうと、ミノー着水後ラインスラッグ(糸ふけ)をつくり、川の流れに馴染ませナチュラルに流下させる

このラインスラッグ(糸ふけ)を利用した慣性スライドを利用しない手はありません。

効果は絶大です!

具体的な使い方ですがアップクロスにキャストし、ポイントの水深に合わせてフォール(流下)させます。

この時、底を転がらないように上に跳ね上げるようにジャークをいれます。

慣れるまで大変かもしれませんが、底を転がらないよう水面から飛び出さないようリズムよく繰り返します。

このラインがふけている一瞬の間ミノーは川の流れに乗りスライドし、ここがバイトポイントとなります。

注意点ですラインが張った状態だと慣性スライドは生まれません!

ラインスラッグとリズムを意識するのがコツです。

d-コンタクト50最大のデメリット

上記ではd-コンタクト50を持ち上げまくりましたが、当然欠点もあります。

それが高価であるということ。

どんなに安くても¥1,600程度。

零細企業勤務の貧乏サンデーアングラーの僕には超高級ミノーです。

ロストしてしまった時のショックは計り知れません・・・。

もう少し値下げしてくれと願うばかりです。

ここでオススメ商品をご紹介させていただきます。

ルアー回収機「ルアーリターン」


仕様/規格

・本体材質:18-8ステンレス
・頭部材質:18-8ステンレス(金メッキ)
・収納時サイズ:32cm
・最長伸時サイズ:245cm
・9段継
・引っ張り強度:静荷重30kg以内

渓流域での釣行では、これ一本あればロストする確率が飛躍的に減少します。

地味にお高いですが根がかりをほぼほぼ回収できる事を含め、高価なミノーのロストを気にせずキャストできる。

根がかりを恐れることなく果敢に攻めることができる等のメリットが非常に大きいので購入して絶対に損はありません!!

d-コンタクトのラインナップ(2021/6月現在)

d-コンタクトのサイズは50(4.5g)・63(7g)・72(9.5g)・85(14.5g)・110(26g)とあり、カラーバリエーションは豊富で約30種以上もあります。

渓流ミノーでは50、または63がメインとなることでしょう。

カラーにいたっては選択肢があり過ぎて迷うかもしれません。

カラーは好きなものでいいと思っていますが、私の場合は視認性抜群のピンクやチャート、グリーンを好んで使います。

どこを泳いでどのようなアクションをしているのかが分かりやすいからです。

まとめ

拙い文章で申し訳ございませんでした。

そして最後までお付き合いいただきありがとうございます。

これから渓流釣りを始めてみようかと思っている方に少しでもd-コンタクト50のポテンシャルを理解していただけたのであれば嬉しいい限りです。

d-コンタクト50を紹介するにあたり、若干お高い商品であることが心苦しかったのですがそこを上回るメリットがあるからこそ筆を走らせていただきました次第です。

d-コンタクト最大の売りである、

慣性スライドを駆使し“釣れた”ではなく“釣った”といえる一尾との出会いを体験してみてください!



こちらも見てね!

サクラマス 渓流・源流

2021/11/11

釣り人が事故から学ぶ水難事故対策【河川流速域編】

2021年9月某日、慣れ親しんだ清流最上小国川と母なる川,最上川の合流点で事故はおきた・・・ 夜中にバス釣をしていた男性が突如行方不明に その数日後、数キロ下流で遺体となって発見された。 思いがけない事故で御慰めの言葉もございません。 心よりご冥福をお祈り申し上げます。 このような事故を記事にしてしまうのは大変心苦しいのですが この事故を尊い教訓として同じ事故を二度と起こさないよう微力ながら尽力したい所存です。 なぜ事故は起きたか?河川の恐怖とは? 近年最上川本流では特定外来魚に指定されている外来魚(バス ...

渓流・源流

2021/7/10

【渓流釣り必須アイテム】根がかり回収率No1ルアーリターンとは?

こんにちは、さいこです。 誰もが釣りを経験すればするほど ”道具選びという迷路” に迷い込むことでしょう。 釣りをしない方からすれば到底理解できないことでしょうが、釣り人の道具にかける費用と時間は半端じゃありませんw しかし際限なく道具選びができるほど裕福なわけではないので、できる限り経済的に釣りを楽しみたいものです。 そんな中、一体何に一番お金を使ってしまうか考えたことがありますか? 答えはミノーです!! 一個1000円から1800円程度。中には3000円を超す高価なバルサ製のミノーまであります。 2. ...

キャンプ 渓流・源流

2021/7/6

【山形県の渓谷】尾花沢丹生川源流釣り&キャンプにGO!

2021年7月、尾花沢市の御所山へ源流釣行&キャンプへ向かう。 構造物のない大自然のなかで、30代後半の男3人が無邪気に山遊びしてきた体験簿を記していこうと思います。 当日AM4:00起床 途中のコンビニで氷とビールを買う 不安と期待が錯綜する・・・ これから家族・友人などとは一切連絡がとれない もしもの事があっても成す術がない そんな環境に足をふみ入れようとしているのだから・・・ しかし!!好奇心を押さえることができない僕たち釣りバカは向かうのです。 のり面が崩壊し堆積した土砂を歩き 手彫りトンネルを抜 ...

キャンプ 渓流・源流

2021/9/22

【ジャンプスターターは必須!】恐怖!山で愛車のバッテリーあがり!

つい先日の出来事です。 山奥に一人渓流釣りに行ったのですが、車のバッテリーがあがってしまい帰れない恐怖体験をしました。 恐怖!山中でのバッテリーあがり実体験記録!ジャンプスターターは必ず常備しよう! 釣りを終え車にもどってきたのは16:00頃 携帯の電波など入るわけもない。 これから日も沈み夜が迫る状況でたった一人、泣きそうになりながら助けを求めるため走りながら下山しました。 最終的には山菜獲りに入山していたおじいちゃんが偶然通りかかって、救助してもらったという話ではあるのですが、 もしおじいちゃんが通ら ...

キャンプ 渓流・源流

2021/6/26

【2021年も安全第一】渓流釣り装備するべきアイテム5選!!

近年、渓流釣りが流行しどこの渓流へいっても中々いい釣りができないのが現状ではないでしょうか? 私は渓流釣りを始めて15年程経ちますが最近、渓流ってこんなに釣れなかったっけ?と思うことが多々あります。 10年前はどこに行っても爆釣を味わえる時代でしたw それが今では人の入らない川を選んで入渓しないと、なかなかイイ釣りができなくなりました。 それほど人間がはいっておりポイント争いは壮絶ですw こうして山の中で先行者と会う機会が激増した昨今、思うことがあります。 ずいぶん軽装だなぁと 軽視しているな 危険だ 本 ...

-渓流・源流
-, , ,

© 2022 山形県・渓流釣り情報発信blog Powered by AFFINGER5