未分類

【獣害対策】入山時に熊と遭遇?!コレだけは持っていけ!!おすすめアイテム3選!!

こんにちは。

私は東北、山形県で建設業に身を置くしがないサラリーマンで、平日は常に構造物と向き合っています。

そんな私の趣味は渓流釣りに山菜取りに登山。

マイナスイオンを浴びつつ普段見れないような景色を見るため、または山の幸を頂くため人工物のない山奥まで一人で平気でガンガン入っていきますw

このように同じような趣味をお持ちのかたも多いのではないかと思うんですが、この趣味には癒しといった魅力と引き換えにとてつもない危険が伴います。

獣との遭遇です。

獣の生息地に土足で侵入してしまうわけですので、いつどこで襲われるかなど分からない。趣味を楽しみながらもこのアンテナだけは常にたてておかなければいけません!


私が山で出会った危険と感じた獣3種

熊(ツキノワグマ)

体高60~80cm(4つ足ついた状態)で一見小さいように感じるかもですが立つと倍ぐらいになります。視覚・聴覚・臭覚は人間よりはるかに優れ走りも泳ぎも得意、学習能力も高いとされる。どんな喧嘩自慢の格闘家でも喧嘩して勝てる相手ではありません!

こいつと遭遇するとマジであせります。山をあまり好まない人たちは大抵可愛い動物と思っているようですが、意外にめちゃめちゃ大きいです。臭覚が鋭敏で頭もよいとされる。猪突猛進される前にしっかり対策をとるべきです。

舐めてかかると痛い目にあうのがこいつです!小さいし見慣れているせいか、からかったり近づき過ぎると思わぬ行動をとってきます。引っかいたり噛みついたり・・・決して舐めてはいけません。


上記以外には野犬でしょうか。危険ではありますが最近では生息していること自体不明?ですので省略します。

皆さんは野生動物と遭遇し、身を守るためにどのような対策を講じていますか?

動物は基本的に憶病。しかし・・・

動物は憶病な生き物で、人間側であっても動物側であってもお互い遭遇などしたくありません。むやみに近づいたり焦って大声を出したりすると本能を刺激しかえって危険です。

片方が攻撃態勢ならもう片方も当然攻撃態勢になる。

とはいえ、対策は万全でもいざ遭遇したらゆっくり後退などできる状況ではない、または突発的に襲われるなどの場合もあります。

遭遇パターンは千差万別でとっさの対策も千変万化ですが

なにも対策しないで山に入るなど自殺行為です。

しっかりとした装備を整えてください!!

ここで私の浅はかな経験からではありますが、あると安心アイテムをご紹介させてください!!

熊撃退スプレー CA230 カウンターアソールト

[affi id=35]

コレが一番欠かせません。そして一番オススメなのがこの商品です。

山に入る時は必ず携帯してください。

他社からはコンパクトで比較的安価のスプレー(噴射距離5m未満・噴射時間3秒程)が販売されていますが、噴射距離・時間共にが短かいです。

3秒って一瞬ですっw

それに野生動物と遭遇した時は冷静でいられない場合がほとんど。ミスしたらなす術なしよりはちょっとした余裕があればいざという時、安心できます。

このカウンターアソールトはアメリカモンタナ州で対グリズリー用に研究・開発された商品。最大10mの噴射距離と7.2秒の噴射時間といった高スペックです。

コレさえあれば100%の安全安心なんてことはないですが、他社製品と比較すると安心感はあります。

※ちなみに対人間防犯用の催涙スプレーは野生の動物には効果は薄いようなので変なとこで節約しないようにしてくださいw

サバイバルナイフ

私の愛用・おすすめナイフ

[affi id=36]

もし襲われた時、頼りのスプレーが不測の事態により使い物にならなかったらもぅ・・・

ケンカですっw

やられる前にやれ!

決してふざけているわけではありません。逃げたとこで一瞬で追いつかれ攻撃されます。

もうコレしかないんです。

最終手段ではありますがこういった鋭利な刃物は持ち歩いたほうが無難ではないだろうか。

当たり前ですが果物ナイフのようなものでなく、刃渡り20〜30cmで重量感があり剃刀のような切れ味のナイフがオススメです。

熊スプレーもそうですが一番取りやすい腰などに納めておくといいですね。

そしてこのナイフで、持ち運びに支障が及ばない程度、長く太い木を落として先端をモリのように鋭く加工し持ち歩いておくとまた安心です。杖にもなりますっw

熊鈴

定番の熊鈴です。

[affi id=37]

この商品の特徴は400年の伝統技術が奏でる音色がものすご〜〜〜っく綺麗です!!

ずっと聴いていたいなんとも言えない癒しの音色です。

熊避けに効果があるのかは正直分かりませんっw

コレら以外に動物たちからみて非現実的なものが効果的と謳われている記事を見かけます。

例えば折りたたみ傘ですね

[affi id=38]

コレには同感です。遭遇し20〜30mの離隔があったら先ずはバッと取り出しバッと広げる!!

動物からしたら

なんじゃありゃ?! こわっ!

って感じですかっw

コレばかりは経験がないのでなんとも言えませんがアリだと思います。

常時装備させてもらっています。

上記商品ですと非常にコンパクトで邪魔にならずオススメです。

まとめ

コレだけは忘れてはいけません。私たち人間は自分勝手な理由により、勝手に土足で野生動物たちの生息地に進入し生態系を脅かすこと。襲われて当然と思いつつ確実な対策をしましよう。

そして今では食料を求めて市街地ですら熊などの野生動物が現れます。山に限らず出現する可能性が少しでもある場合は上記の対策グッズの導入を強く奨めます。

スプレーなんか高価だし大袈裟!

など決して過信しないで入山してください。

 

 

 

こちらも見てね!

サクラマス 渓流・源流

2021/11/11

釣り人が事故から学ぶ水難事故対策【河川流速域編】

2021年9月某日、慣れ親しんだ清流最上小国川と母なる川,最上川の合流点で事故はおきた・・・ 夜中にバス釣をしていた男性が突如行方不明に その数日後、数キロ下流で遺体となって発見された。 思いがけない事故で御慰めの言葉もございません。 心よりご冥福をお祈り申し上げます。 このような事故を記事にしてしまうのは大変心苦しいのですが この事故を尊い教訓として同じ事故を二度と起こさないよう微力ながら尽力したい所存です。 なぜ事故は起きたか?河川の恐怖とは? 近年最上川本流では特定外来魚に指定されている外来魚(バス ...

渓流・源流

2021/7/10

【渓流釣り必須アイテム】根がかり回収率No1ルアーリターンとは?

こんにちは、さいこです。 誰もが釣りを経験すればするほど ”道具選びという迷路” に迷い込むことでしょう。 釣りをしない方からすれば到底理解できないことでしょうが、釣り人の道具にかける費用と時間は半端じゃありませんw しかし際限なく道具選びができるほど裕福なわけではないので、できる限り経済的に釣りを楽しみたいものです。 そんな中、一体何に一番お金を使ってしまうか考えたことがありますか? 答えはミノーです!! 一個1000円から1800円程度。中には3000円を超す高価なバルサ製のミノーまであります。 2. ...

キャンプ 渓流・源流

2021/7/6

【山形県の渓谷】尾花沢丹生川源流釣り&キャンプにGO!

2021年7月、尾花沢市の御所山へ源流釣行&キャンプへ向かう。 構造物のない大自然のなかで、30代後半の男3人が無邪気に山遊びしてきた体験簿を記していこうと思います。 当日AM4:00起床 途中のコンビニで氷とビールを買う 不安と期待が錯綜する・・・ これから家族・友人などとは一切連絡がとれない もしもの事があっても成す術がない そんな環境に足をふみ入れようとしているのだから・・・ しかし!!好奇心を押さえることができない僕たち釣りバカは向かうのです。 のり面が崩壊し堆積した土砂を歩き 手彫りトンネルを抜 ...

キャンプ 渓流・源流

2021/9/22

【ジャンプスターターは必須!】恐怖!山で愛車のバッテリーあがり!

つい先日の出来事です。 山奥に一人渓流釣りに行ったのですが、車のバッテリーがあがってしまい帰れない恐怖体験をしました。 恐怖!山中でのバッテリーあがり実体験記録!ジャンプスターターは必ず常備しよう! 釣りを終え車にもどってきたのは16:00頃 携帯の電波など入るわけもない。 これから日も沈み夜が迫る状況でたった一人、泣きそうになりながら助けを求めるため走りながら下山しました。 最終的には山菜獲りに入山していたおじいちゃんが偶然通りかかって、救助してもらったという話ではあるのですが、 もしおじいちゃんが通ら ...

キャンプ 渓流・源流

2021/6/26

【2021年も安全第一】渓流釣り装備するべきアイテム5選!!

近年、渓流釣りが流行しどこの渓流へいっても中々いい釣りができないのが現状ではないでしょうか? 私は渓流釣りを始めて15年程経ちますが最近、渓流ってこんなに釣れなかったっけ?と思うことが多々あります。 10年前はどこに行っても爆釣を味わえる時代でしたw それが今では人の入らない川を選んで入渓しないと、なかなかイイ釣りができなくなりました。 それほど人間がはいっておりポイント争いは壮絶ですw こうして山の中で先行者と会う機会が激増した昨今、思うことがあります。 ずいぶん軽装だなぁと 軽視しているな 危険だ 本 ...

-未分類
-, , , , , , , , ,

© 2022 山形県・渓流釣り情報発信blog Powered by AFFINGER5