サクラマス

サクラマスをバラさない考案【ランディングネットとアワセを考える】

サクラマス釣りにおいて最も集中する瞬間はランディング。 ランディングネットに入るまいと抵抗を続けるサクラマスと、ランディングネットに早く収めたいアングラーの攻防戦では一瞬の油断がバレにつながります。

そしてこの瞬間に欠かせないアイテムが ”ランディングネット”

この記事ではランディングネットの選定基準。そして”バラさない為のアワセ”について考察していきます。

せっかくヒットしたのに足元でバラした!なんてことはよくある話しです。

千載一遇のチャンスを確実に手中に収めるため、初心者や入門者のかたへ向けて、おすすめランディングネット紹介とあわせてランディング時の注意点をできるだけ詳しく説明していきます。

関連記事     櫻鱒釣りのマナーを考える

ランディングネットは大きいサイズを選ぶべし!

サクラマスを取り込む際には大きめのランディングネットがおすすめです。まれに釣ったサクラマスを大きく見せたいが為に、小さめのランディングネットを使う方がいます。決してダメというわけではありませんがそれにはリスクが伴いますので、初心者の方にはおすすめできません。大きいサイズのランディングネットを選びましょう。

ランディングネット内径縦50cm・横40cm以上だと安心な理由

ヒットしたサクラマスはランディング間際にすごい勢いで暴れます。この時、早くランディングしたいが一心で焦ってバラシてしまうのはベテランも初心者も同じことと思います。落ち着いてファイトをこなせればいいのですが、なかなか機会に恵まれない釣りですので焦らず落ち着いてファイトするなんてごく一部のエキスパートだけではないでしょうか。そしてこの瞬間では、ランディングネットが大きければ大きいほどランディング確率が向上します。極端な話、大きければ大きいほど有利といっても過言ではないと思っています。
この記事では少しでもバラす確率を低減しましょうといった観点から、ランディングネットの大きさの目安を、内径縦50cm・40cm以上をおすすめさせて頂きます。日本のサクラマスのアベレージサイズが50cm程度ですので十分な大きさと言えますし不意の60cmオーバーでも、らくらくランディングできます。

おすすめランディングネットの紹介

杢目が綺麗です。

かっこいい・使い勝手よし・強度よしのランディングネットです。


【アワセの雑学】ランディングできるかできないかは、アワセによって左右されるケースが多い!

サクラマスがフックをガップリ食っていれば、多少強引なやりとりをしても、まずバレることはありません。したがって、どれだけガップリと咥えてもらうかがすごく重要な要素になります。

そこで軽視しがち、勘違いされやすいのが”アワセ”です。使っているラインやロッドの調子によって力加減が変わりますので一概には言えませんが、多くの方がアワセを入れた”つもり”になっています。いくら針先が鋭利でもサクラマスの口は意外と固く、生半可な力加減では刺さるものも刺さりません。

ちょっとしたアワセのコツはドラグをフルロック?

ドラグがユルユルの設定は見直した方がいいと思っています。通常時はフルロックです。理由はたとえ思いっきりアワセを入れたとしても、針先に力が伝達されません。中途半端はマズイです。反対にフルロックだとアワセの動作が高い割合で針に伝達され刺さりやすい傾向にあります。アワセをいれたあとは必要に応じて調整すればいいだけのことですのでぜひ、お試しください。

※こちらの記事で、アワセについて詳しく解説してくださっていますのでぜひ、参考にしてください。

まとめ

自然相手ではなにが正解かわからず、迷子になってしまう場合が多々あります。ここで述べた内容も正解ではないのかもしれません。しかし分からないから、正解をもとめて毎年川に立ち続けます。そして現場から学んだことを惜しみなく発信し続けます。

この記事を読んでくださったかたがより多くのサクラマスを手に収めることを切に願っております。参考にしていただければ幸いです。

こちらも見てね!

サクラマス 渓流・源流

2021/11/11

釣り人が事故から学ぶ水難事故対策【河川流速域編】

2021年9月某日、慣れ親しんだ清流最上小国川と母なる川,最上川の合流点で事故はおきた・・・ 夜中にバス釣をしていた男性が突如行方不明に その数日後、数キロ下流で遺体となって発見された。 思いがけない事故で御慰めの言葉もございません。 心よりご冥福をお祈り申し上げます。 このような事故を記事にしてしまうのは大変心苦しいのですが この事故を尊い教訓として同じ事故を二度と起こさないよう微力ながら尽力したい所存です。 なぜ事故は起きたか?河川の恐怖とは? 近年最上川本流では特定外来魚に指定されている外来魚(バス ...

渓流・源流

2021/7/10

【渓流釣り必須アイテム】根がかり回収率No1ルアーリターンとは?

こんにちは、さいこです。 誰もが釣りを経験すればするほど ”道具選びという迷路” に迷い込むことでしょう。 釣りをしない方からすれば到底理解できないことでしょうが、釣り人の道具にかける費用と時間は半端じゃありませんw しかし際限なく道具選びができるほど裕福なわけではないので、できる限り経済的に釣りを楽しみたいものです。 そんな中、一体何に一番お金を使ってしまうか考えたことがありますか? 答えはミノーです!! 一個1000円から1800円程度。中には3000円を超す高価なバルサ製のミノーまであります。 2. ...

キャンプ 渓流・源流

2021/7/6

【山形県の渓谷】尾花沢丹生川源流釣り&キャンプにGO!

2021年7月、尾花沢市の御所山へ源流釣行&キャンプへ向かう。 構造物のない大自然のなかで、30代後半の男3人が無邪気に山遊びしてきた体験簿を記していこうと思います。 当日AM4:00起床 途中のコンビニで氷とビールを買う 不安と期待が錯綜する・・・ これから家族・友人などとは一切連絡がとれない もしもの事があっても成す術がない そんな環境に足をふみ入れようとしているのだから・・・ しかし!!好奇心を押さえることができない僕たち釣りバカは向かうのです。 のり面が崩壊し堆積した土砂を歩き 手彫りトンネルを抜 ...

キャンプ 渓流・源流

2021/9/22

【ジャンプスターターは必須!】恐怖!山で愛車のバッテリーあがり!

つい先日の出来事です。 山奥に一人渓流釣りに行ったのですが、車のバッテリーがあがってしまい帰れない恐怖体験をしました。 恐怖!山中でのバッテリーあがり実体験記録!ジャンプスターターは必ず常備しよう! 釣りを終え車にもどってきたのは16:00頃 携帯の電波など入るわけもない。 これから日も沈み夜が迫る状況でたった一人、泣きそうになりながら助けを求めるため走りながら下山しました。 最終的には山菜獲りに入山していたおじいちゃんが偶然通りかかって、救助してもらったという話ではあるのですが、 もしおじいちゃんが通ら ...

キャンプ 渓流・源流

2021/6/26

【2021年も安全第一】渓流釣り装備するべきアイテム5選!!

近年、渓流釣りが流行しどこの渓流へいっても中々いい釣りができないのが現状ではないでしょうか? 私は渓流釣りを始めて15年程経ちますが最近、渓流ってこんなに釣れなかったっけ?と思うことが多々あります。 10年前はどこに行っても爆釣を味わえる時代でしたw それが今では人の入らない川を選んで入渓しないと、なかなかイイ釣りができなくなりました。 それほど人間がはいっておりポイント争いは壮絶ですw こうして山の中で先行者と会う機会が激増した昨今、思うことがあります。 ずいぶん軽装だなぁと 軽視しているな 危険だ 本 ...

-サクラマス
-,

© 2022 山形県・渓流釣り情報発信blog Powered by AFFINGER5