サクラマス

サクラマスをバラさない考案【ランディングネットとアワセを考える】

サクラマス釣りにおいて最も集中する瞬間はランディング。 ランディングネットに入るまいと抵抗を続けるサクラマスと、ランディングネットに早く収めたいアングラーの攻防戦では一瞬の油断がバレにつながります。

そしてこの瞬間に欠かせないアイテムが ”ランディングネット”

この記事ではランディングネットの選定基準。そして”バラさない為のアワセ”について考察していきます。

せっかくヒットしたのに足元でバラした!なんてことはよくある話しです。

千載一遇のチャンスを確実に手中に収めるため、初心者や入門者のかたへ向けて、おすすめランディングネット紹介とあわせてランディング時の注意点をできるだけ詳しく説明していきます。

関連記事     櫻鱒釣りのマナーを考える

ランディングネットは大きいサイズを選ぶべし!

サクラマスを取り込む際には大きめのランディングネットがおすすめです。まれに釣ったサクラマスを大きく見せたいが為に、小さめのランディングネットを使う方がいます。決してダメというわけではありませんがそれにはリスクが伴いますので、初心者の方にはおすすめできません。大きいサイズのランディングネットを選びましょう。

ランディングネット内径縦50cm・横40cm以上だと安心な理由

ヒットしたサクラマスはランディング間際にすごい勢いで暴れます。この時、早くランディングしたいが一心で焦ってバラシてしまうのはベテランも初心者も同じことと思います。落ち着いてファイトをこなせればいいのですが、なかなか機会に恵まれない釣りですので焦らず落ち着いてファイトするなんてごく一部のエキスパートだけではないでしょうか。そしてこの瞬間では、ランディングネットが大きければ大きいほどランディング確率が向上します。極端な話、大きければ大きいほど有利といっても過言ではないと思っています。
この記事では少しでもバラす確率を低減しましょうといった観点から、ランディングネットの大きさの目安を、内径縦50cm・40cm以上をおすすめさせて頂きます。日本のサクラマスのアベレージサイズが50cm程度ですので十分な大きさと言えますし不意の60cmオーバーでも、らくらくランディングできます。

おすすめランディングネットの紹介

杢目が綺麗です。

かっこいい・使い勝手よし・強度よしのランディングネットです。


【アワセの雑学】ランディングできるかできないかは、アワセによって左右されるケースが多い!

サクラマスがフックをガップリ食っていれば、多少強引なやりとりをしても、まずバレることはありません。したがって、どれだけガップリと咥えてもらうかがすごく重要な要素になります。

そこで軽視しがち、勘違いされやすいのが”アワセ”です。使っているラインやロッドの調子によって力加減が変わりますので一概には言えませんが、多くの方がアワセを入れた”つもり”になっています。いくら針先が鋭利でもサクラマスの口は意外と固く、生半可な力加減では刺さるものも刺さりません。

ちょっとしたアワセのコツはドラグをフルロック?

ドラグがユルユルの設定は見直した方がいいと思っています。通常時はフルロックです。理由はたとえ思いっきりアワセを入れたとしても、針先に力が伝達されません。中途半端はマズイです。反対にフルロックだとアワセの動作が高い割合で針に伝達され刺さりやすい傾向にあります。アワセをいれたあとは必要に応じて調整すればいいだけのことですのでぜひ、お試しください。

まとめ

自然相手ではなにが正解かわからず、迷子になってしまう場合が多々あります。ここで述べた内容も正解ではないのかもしれません。しかし分からないから、正解をもとめて毎年川に立ち続けます。そして現場から学んだことを惜しみなく発信し続けます。

この記事を読んでくださったかたがより多くのサクラマスを手に収めることを切に願っております。参考にしていただければ幸いです。

こちらも見てね!

サクラマス

2023/1/29

【本流サクラマス釣り】ナイロンライン?それともPEライン?

海以外の本流サクラマス釣りでナイロンライン使いますか?PEライン使いますか? なかなか難しいテーマですよね。 広大な海や大河のオープンウォーター。これに絡むドン深ポイントなどなど遠投性や感度を優先したい時は迷わずPEラインです。 分かってます! でもですね・・・ 流速がある本流サクラマスではナイロンが扱いやすい!ナイロン以外考えられない! といったナイロン信者は少からず存在します。私もそのうちの一人です。 当記事は本流サクラマスで使用するライン選びでに迷っている方々へ向けた記事となります。一読いただければ ...

サクラマス 鮭有効利用調査

2023/1/29

【鮭川鮭有効利用調査】もう悩まない。高実績ポイント!

河川に遡上した鮭を獲る行為は一部の例外を除いて 全面的に禁止されています。 では、その例外とは・・・? そう、 鮭有効利用調査です! 山形県の河川では多くの漁協が取り組んでいますが、この記事では 鮭川での鮭釣りにフォーカスしポイントと鮭釣りをする前の注意点をご紹介させていただきます! 鮭川有効利用調査の概要 まず、前提として鮭有効利用調査は 抽選です! 許可を得なければ釣りはできません。 といったところで 応募から当選、実釣までのプロセスを簡単に説明します。 鮭有効利用調査は抽選!早い行動が重要! 鮭川の ...

鮭有効利用調査

2023/1/23

【2023鮭川鮭有効利用調査へ向けて】応募手順と当選への道紹介!

鮭川で鮭釣りがしたい! でも、申込方法がいまいち分からない! そんな悩みを抱き、ここに辿り着いたのではないでしょうか? 分かります! いや、本っ当に応募方法が分かりづらいんですよ・・・ 当記事では鮭川鮭有効利用調査への応募手順をどこよりも簡単に説明していますので、ぜひ読み進めてみて下さい! 鮭川鮭有効利用調査への応募方法は簡単! まずはじめに、鮭川に限ったことではないのですが 鮭有効利用調査は抽選です。 当記事は鮭有効利用調査への当選を保証する内容ではありませんので予めご理解ください。 さて、本題の応募方 ...

サクラマス 渓流・源流

2023/1/23

釣り人が事故から学ぶ水難事故対策【河川流速域編】

2021年9月某日、慣れ親しんだ清流最上小国川と母なる川,最上川の合流点で事故はおきた・・・ 夜中にバス釣をしていた男性が突如行方不明に その数日後、数キロ下流で遺体となって発見された。 思いがけない事故で御慰めの言葉もございません。 心よりご冥福をお祈り申し上げます。 このような事故を記事にしてしまうのは大変心苦しいのですが この事故を尊い教訓として同じ事故を二度と起こさないよう微力ながら尽力したい所存です。 なぜ事故は起きたか?河川の恐怖とは? 近年最上川本流では特定外来魚に指定されている外来魚(バス ...

渓流・源流

2023/1/23

【渓流釣り必須アイテム】根がかり回収率No1ルアーリターンとは?

こんにちは、こたです。 誰もが釣りを経験すればするほど ”道具選びという迷路” に迷い込むことでしょう。 釣りをしない方からすれば到底理解できないことでしょうが、釣り人の道具にかける費用と時間は半端じゃありませんw しかし際限なく道具選びができるほど裕福なわけではないので、できる限り経済的に釣りを楽しみたいものです。 そんな中、一体何に一番お金を使ってしまうか考えたことがありますか? 答えはミノーです!! 一個1000円から1800円程度。中には3000円を超す高価なバルサ製のミノーまであります。 2.3 ...

-サクラマス
-,

© 2023 とうほぐ御魚市場 Powered by AFFINGER5