サクラマス 鮭有効利用調査

【鮭川鮭有効利用調査】もう悩まない。高実績ポイント!

河川に遡上した鮭を獲る行為は一部の例外を除いて

全面的に禁止されています。

では、その例外とは・・・?

そう、

鮭有効利用調査です!

山形県の河川では多くの漁協が取り組んでいますが、この記事では

鮭川での鮭釣りにフォーカスしポイントと鮭釣りをする前の注意点をご紹介させていただきます!

鮭川有効利用調査の概要

まず、前提として鮭有効利用調査は

抽選です!

許可を得なければ釣りはできません。

といったところで

応募から当選、実釣までのプロセスを簡単に説明します。

鮭有効利用調査は抽選!早い行動が重要!

鮭川の鮭有効利用調査の実施は

毎年およそ10月下旬から11月中旬の15日間

合計600人が定員と定められています。

受付期間は7月1日〜8月末日までの先着順ですので応募は7月1日に済ませましょう!

詳しくはこちらの記事を参照して下さい↓

【2023鮭川鮭有効利用調査へ向けて】応募手順と当選への道紹介!

鮭有効利用調査の費用は決して安くはないが・・・?

鮭有効利用調査の費用は

  • 1日 6000円
  • 2日 11000円
  • 3日 15000円

高いと感じるか安いと感じるかは本人次第なのでなんとも言えませんが

しがないサラリーマンの自分には

非常に高額だなと感じます。

もう少しなんとかならないかな?が正直なところです・・・

鮭有効利用調査で可能な釣獲方法は?

調査で可能な釣獲方法は

  • ルアー
  • フライ

全てシングルフックとなります!

鮭川鮭有効利用調査ポイント紹介!

鮭有効利用調査で釣り可能な区間は

米坂橋〜鮭川橋間の約5,5キロです。

ここ行けば間違いない!!

必ず釣れる!!

ココだ!!ここに行け!!

なんて鉄板ポイントはありませんが・・・・

高実績ポイントをご紹介します!

鮭川橋下流

右岸・左岸からエントリー可能

中洲周りはボサが多く竿抜けポイントとなりやすい。

また、多数のアングラーが下流のメジャーポイント泉田川合流や米に流れることから

少人数で広範囲に攻めることができる穴場です!

この動画を撮影したポイントとなりますのでぜひ参考にしてみて下さい👍

泉田川・鮭川合流点

右岸・左岸からエントリー可能。

魚影も濃いが

アングラーも濃い!!

餌師が多くルアーマンは肩身が狭い思いをするかも知れません。。。

三日月

右岸からのみのエントリーとなる。

瀬が絡み

岩盤が絡み

大岩点在ゴロゴロ!!

変化に富んだおいしいポイントです!

米坂橋上流

左岸からのエントリー。

鮭だけでなくサクラマスの1級ポイントでもある。

右岸に岩盤が入る瀬のポイント。

流速を味方につけた鮭が疾走🏃

ランディングに苦労すること間違いなし!

エキサイトなファイトが待っています!

生半可な筋力やタックルでは太刀打ちできないかも?

【重要】受付会場からポイントまでの経路をしっかり把握しよう!

ここまで読み進めたということは大体のポイントを把握できたのでは無いでしょうか?

これで鮭有効利用調査はバッチリ!

なんて事はありません!

落とし穴があります❗️

受付会場で抽選を行いポイントへ向かう順番を決めるんです。

会場からお目当てのポイントまでの最短経路を把握していないと

いくら抽選で強運を引き寄せても意味がありませんw

県外の方々は事前準備をしっかりしておく事を強くおすすめします。

鮭有効利用調査で使用するルアー・ライン紹介!

海から50〜60キロ上流での鮭釣りですから

意外と悩んでしまうのがルアーやラインの選択では無いでしょうか?

ここでは私が毎年使用しているルアーやラインを紹介させていただきます。

鮭有効利用調査でのおすすめルアー!スプーン【アルミん】

動画内で投げ倒していたのが、

ウォーターランド (WaterLand) アルミん 15g

スプーンなのにお値段約1000円と高めなのですが気になっていたので使ってみることに。

そして衝撃を受けました!!

鮭釣りには欠かせないタコベイトですが、スプーンに装着すると泳ぎが悪くなったり水面に浮き上がったりで使いモンにならなくなるケースが多いです。

しかし、このアルミんはタコベイトを装着してもファストだろうがスローリトリーブだろうが無問題!!

めっちゃ使いやすいなと感じました!

それに15gと中小河川には使いやすいウェイト!

すぐさま一軍入り😀



ラインはPE?ナイロン?どっちがいいのか?

永遠のテーマと言っても過言ではありません。

PEライン or ナイロンライン派?

私自身の価値観ですが

使い慣れているモノを使う

これが正解かな?と思います。

一つだけ補足させていただきますと、

PEだろうがナイロンだろうがラインは

150m

あったほうが安心できます。ポイントにもよりますが100m軽く走られますよ?

ちなみに私の場合、鮭有効利用調査で使用するラインはこれです。


ゴールドの色合いがお洒落で各メーカーのシックなモデルに高級感を与えてくれます🍸

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 19 ヴァンキッシュ 4000MHG


【鮭有効利用調査】これだけは守ろう!

ここまでお付き合いいただき、ありがとうございました。

最後になりますが、鮭を釣るには許可が必要です。

若干面倒な手間と料金が必要になりますが、一人でも多くの方に一度は体験して欲しいものです。

どうですか?

筋肉痛の覚悟ができましたら、ぜひ申し込みされてみて下さい!

こちらも見てね!

サクラマス

2023/1/29

【本流サクラマス釣り】ナイロンライン?それともPEライン?

海以外の本流サクラマス釣りでナイロンライン使いますか?PEライン使いますか? なかなか難しいテーマですよね。 広大な海や大河のオープンウォーター。これに絡むドン深ポイントなどなど遠投性や感度を優先したい時は迷わずPEラインです。 分かってます! でもですね・・・ 流速がある本流サクラマスではナイロンが扱いやすい!ナイロン以外考えられない! といったナイロン信者は少からず存在します。私もそのうちの一人です。 当記事は本流サクラマスで使用するライン選びでに迷っている方々へ向けた記事となります。一読いただければ ...

サクラマス 鮭有効利用調査

2023/1/29

【鮭川鮭有効利用調査】もう悩まない。高実績ポイント!

河川に遡上した鮭を獲る行為は一部の例外を除いて 全面的に禁止されています。 では、その例外とは・・・? そう、 鮭有効利用調査です! 山形県の河川では多くの漁協が取り組んでいますが、この記事では 鮭川での鮭釣りにフォーカスしポイントと鮭釣りをする前の注意点をご紹介させていただきます! 鮭川有効利用調査の概要 まず、前提として鮭有効利用調査は 抽選です! 許可を得なければ釣りはできません。 といったところで 応募から当選、実釣までのプロセスを簡単に説明します。 鮭有効利用調査は抽選!早い行動が重要! 鮭川の ...

鮭有効利用調査

2023/1/23

【2023鮭川鮭有効利用調査へ向けて】応募手順と当選への道紹介!

鮭川で鮭釣りがしたい! でも、申込方法がいまいち分からない! そんな悩みを抱き、ここに辿り着いたのではないでしょうか? 分かります! いや、本っ当に応募方法が分かりづらいんですよ・・・ 当記事では鮭川鮭有効利用調査への応募手順をどこよりも簡単に説明していますので、ぜひ読み進めてみて下さい! 鮭川鮭有効利用調査への応募方法は簡単! まずはじめに、鮭川に限ったことではないのですが 鮭有効利用調査は抽選です。 当記事は鮭有効利用調査への当選を保証する内容ではありませんので予めご理解ください。 さて、本題の応募方 ...

サクラマス 渓流・源流

2023/1/23

釣り人が事故から学ぶ水難事故対策【河川流速域編】

2021年9月某日、慣れ親しんだ清流最上小国川と母なる川,最上川の合流点で事故はおきた・・・ 夜中にバス釣をしていた男性が突如行方不明に その数日後、数キロ下流で遺体となって発見された。 思いがけない事故で御慰めの言葉もございません。 心よりご冥福をお祈り申し上げます。 このような事故を記事にしてしまうのは大変心苦しいのですが この事故を尊い教訓として同じ事故を二度と起こさないよう微力ながら尽力したい所存です。 なぜ事故は起きたか?河川の恐怖とは? 近年最上川本流では特定外来魚に指定されている外来魚(バス ...

渓流・源流

2023/1/23

【渓流釣り必須アイテム】根がかり回収率No1ルアーリターンとは?

こんにちは、こたです。 誰もが釣りを経験すればするほど ”道具選びという迷路” に迷い込むことでしょう。 釣りをしない方からすれば到底理解できないことでしょうが、釣り人の道具にかける費用と時間は半端じゃありませんw しかし際限なく道具選びができるほど裕福なわけではないので、できる限り経済的に釣りを楽しみたいものです。 そんな中、一体何に一番お金を使ってしまうか考えたことがありますか? 答えはミノーです!! 一個1000円から1800円程度。中には3000円を超す高価なバルサ製のミノーまであります。 2.3 ...

鮭有効利用調査おすすめルアー!

フィールドハンター(FIELD HUNTER) ルアーマン701 シェル 65mm 17g G蛍光オレンジ

従来のスプーンでは泳ぎのキレ味が失われたスローリトリーブでも、小気味よいパワフルなウォブロールアクションを生み出します。シルエットは、ダイヤカットされた天然アワビをふんだんに纏い、フィニッシュはハードコーティングを採用し、ペイント・コーティングの破損を抑えました。発売以来、リバーからレイクにおいても定番的存在感の『ルアーマン701シェル』です。小渓流のチビヤマメから本流のサクラマスまで存分にお使いください。